和装小物とはどんな種類がある?

和装小物とは

和装小物もいろんな種類があります。一般的なものは『草履』や『足袋』など。しかしもっと深く探っていくと、いろんな和装小物があります。

 

まず、”帯に使用する小物”です。『帯留め』は帯締めと同じようなもので、帯を押さえるのに使います。彫金や陶器など、デザインはさまざま。

 

なかには真珠や宝石といったものを使用している帯留めもあります。続いて『帯枕』です。帯が下がってくるのを防ぐ役割があり、帯の形を整えることができます。若い方であれば、厚みがあり大きいものを。年配の方は薄くて小振りのものが適しています。

 

帯板』は、帯にシワが入らないようにする小物です。『帯締め』は装飾的な意味合いが強いですが、結んだ帯を押さえるためにも使用されます。『帯揚げ』は帯枕と併用することが多いですね。

 

近年では装飾的な意味を持ちますが、帯の形を整え重さを加減するのに欠かせません。他にも、『伊達締め』や『伊達衿』『腰紐』なども必要になります。和装小物とは、着付けのときに欠かせないもの。

 

一見すると分からないところまできちんと使われているので、想像以上に細かい小物をたくさん使います。もっとも必要な『伊達締め』『帯揚げ』『三連紐』を覚えて、着付けに役立ててくださいね。

 

もちろん専門の方に着付けてもらうこともできますので、初心者でも安心して和装を着用することができます。普段和装をすることはほとんどありません。近年はネットの和装小物店も充実していますから、一度各販売店で確認してみてくださいね。

和装小物買うなら種類の豊富な着物専門店がオススメです

キモノ しゃなりすと

和装小物買うならキモノしゃなりすと

綺麗で可愛い和装小物が揃っている『キモノしゃなりすと』。特に若い女性に人気があります。

 

他にはない個性的なデザインの和装小物も多く、デニム足袋は普段使いにオススメ。和装が楽しくなるアイテムばかり揃っています。

 

そんなキモノしゃなりすとで売れ筋が高い商品は、『きものハンガー帯掛付』『インナー3点セット』『カフェぞうり』です。

 

着物を保管するのに欠かせないハンガーは、帯掛付なので使いやすいと評判。普段から着物を愛用している方への贈り物としても喜ばれるでしょう。使い勝手の良さから、楽天の『話題のランキング』で第3位を獲得しています。価格もお手頃なので、ぜひオススメです。

 

着物を着るのに欠かせないインナーは、3点セットなのでお得。肌襦袢・裾よけ・足袋がセットになっており、日本製なので安心して着用することができます。また吸湿性にも優れていますから、肌触りも抜群。夏はもちろんのこと冬も着用できるため、季節問わず使うことができるでしょう。

 

カフェぞうりは、近年話題を呼んでいる普段使いの草履です。ふらっとどこか出掛けるときにも履けるので、歩行しやすく歩行時の衝撃も和らげてくれます。他にも、『ハンディクリップ』や『帯板』なども人気の小物になります。

 

⇒キモノしゃなりすとの評判やレビューはこちらからご確認頂けます。

しゃなりすとの取り扱い和装小物
髪飾り 帯締め 帯揚げ
帯留め 根付 羽織紐
半衿 足袋 着付小物
保管小物 バッグ 扇子
うちわ 雨具
爪掛け アクセサリ 手袋

 

キモノ しゃなりすと

 

きもの阿波和

和装小物買うならきもの阿波和

和装小物を取り扱っている『きもの阿波和』は、全国各地から利用できる和装小物の専門店です。

 

雑誌でも掲載されており、専門店の中では比較的有名でしょう。博多織をメインに取り扱っており、帯締めや帯揚げなども販売しています。素材の良いものを使用していますから、きちんとした小物を買いたい方でも安心して利用できます。

 

そんなきも阿波和で人気の小物は、雑誌でも紹介された『博多織 名古屋帯』『ユニペッチ』『沙織(草履)』。博多織は、約700年も前から受け継がれた伝統的な技術で、経糸に6000〜7000本もの細い絹糸を使用しているのが特徴です。

 

そのため、繊細で美しいデザインが印象的。おしゃれ着はもちろんのこと、普段着としても着用することができます。ユニペッチは、和装小物に欠かせないアイテムですね。

 

ワンピース式になっているので、足元まで肌着をしっかりカバーしてくれます。また足元から簡単に着脱できるので、着替えも簡単。綿100%ということで、肌が弱い方でも安心して着ることができるでしょう。

 

沙織は、真田紐を鼻緒に使用しているのが特徴です。きもの阿波和のオリジナル商品としてとても人気があります。白色に中紅色、麦わら色や乳白色を使用しているので、清潔感があるのも良いですね。

 

長時間履いても疲れにくいので、普段使いとしてもオススメです。

 

⇒きもの阿波和の評判やレビューはこちらからご確認頂けます。

きもの阿波和の取り扱い和装小物
ショール ストール 手袋
かんざし 髪飾り 保管するグッズ
藍染 阿波しじら小物 扇子
日傘    

 

きもの阿波和

 

きもの処えりよし

和装小物買うならきもの処えりよし

『きもの処えりよし』は、創業50年の歴史のある和装小物専門店です。もちろん、和装小物にぴったりの浴衣や着物なども取り扱っており、子供用着物も販売しています。

 

品質が良く、季節に合わせた小物が多数。結婚式のお呼ばれはもちろんのこと、普段着やおしゃれ着としても利用することができます。そんなきもの処えりよしで人気の和装小物は、『舟形の桐下駄』『羽織紐』『N低反発草履』などですね。

 

季節に合わせたアイテムもとても人気があります。桐下駄は断熱効果に優れており、季節問わず履くことができます。また底面が平らになっているので、浴衣だけでなく着物にもピッタリ。裏にはゴムが張ってあるので、歩いたときの音も気になりません。

 

羽織紐は、まるでアクセサリーのようなデザインが人気です。男性用・女性用があり、お店オリジナルなので他にはないデザインが魅力的。パワーストーンを使用しているので、お守り感覚で装着できるのも良いですね。さりげないオシャレにいかがでしょうか。

 

低反発性の草履は、とにかく歩きやすいと評判です。なかでも人気があるのはコーデュラ×真田紐花緒ダークグリーン。真田紐とは、経糸と横糸で織られているのが特徴で、伸びにくく強いというメリットがあります。低反発性ということで、衝撃を吸収し足を疲れにくくしてくれます。

 

⇒きもの処えりよしの評判やレビューはこちらからご確認頂けます。

きもの処えりよしの取り扱い和装小物
草履 羽織紐 バッグ
下駄 帯締め帯あげ 半衿
帯留 三分紐

 

きもの処えりよし

和装小物の選び方

和装小物,選び方

和装に欠かせない『和装小物』。いろんな小物がありますが、お店によって素材やデザインはさまざま。またきちんと着物を着る場合とおしゃれ着として着る場合とでは選び方が異なります。

 

とはいえ、基本的な小物の選び方は同じです。基礎を知って、初心者でも楽しく着物を着ましょう。まず、下着を選びます。下着は足袋や和装ブラジャー、肌着などが挙げられます。

 

足袋は必ず足のサイズに合ったものを選びますが、素材はナイロンやテトロンは汚れやすいといわれています。必要なときにしか着ないという方は安いものでも良いですが、着物を着る機会が多い方はメーカーのものを買ったほうが長持ちします。

 

和装ブラジャーは、胸が大きい人ほど着用が必要になります。洋服用は着崩れしやすいのですので、必ず和装専用のものを選んでくださいね。

 

肌着は、ワンピース式がオススメ。セパレート式は裾除けのつけ方が大変になるため、初心者の方は特にワンピース式をオススメします。

 

他にも、ウエストやヒップの補整や腰紐、伊達締め、帯枕、帯板なども必要不可欠です。草履は、細かいサイズ対応がないため、Sサイズ・LLサイズ・フリーサイズで選ぶことになります。

 

Sサイズはもっとも小さく、22.0cmまで。LLサイズは25.0cm以上になります。フリーサイズであれば22.5〜24.5cmまでありますので、フリーサイズを選ぶ方が多いですね。和装小物といえばバッグも欠かせません。

 

裂地のものが正式になりますが、最近では皮製品も多く用いられています。そのため、必ずしも草履と合わせる必要はありません。

和装小物の種類、必要なものとは

和装小物,選び方

和装小物にはいろんな種類があります。伊達締めや帯揚げ、三連紐など専門用語がつけられているため、普段着物を着ない方には何のことだかさっぱりですよね。

 

一体どんな種類があり、どんな使い方をするのでしょうか?まず、重ね衿です。伊達衿とも呼ばれており、着物に襲(かさね)をしているように見せる小物になります。

 

近年はパールやラインストーンなどの装飾がなされたものもあり、華やかになっています。帯は、和装小物に欠かせませんね。幅約30cm、長さは約4m程度になります。

 

さまざまなデザインがあり、結び方によっていろんな演出が可能です。帯揚げは、帯の重さや形を整えるのに使用します。近年では装飾品として使用する方が多いですが、もともとは帯を引き立たせるために使用するものになります。

 

ショールは、肌寒い時期に欠かせないアイテムです。そのため、夏場に着ることはほとんどありません。防寒として非常に役立ちますね。

 

半衿は、長襦袢に取り付けるもの。白色が基本ですが、柄が入ったものや華やかなデザインのものも多数あります。長襦袢は振袖の下に着用するのに欠かせません。

 

帯締めは、帯を押さえるために使用しますが、近年は装飾品としての扱いが多く、飾りのついたものも販売されています。草履やバッグも、欠かせない和装小物ですね。

 

草履は、歩きやすく裏地がゴム製になっているものも増えています。カランコロンという音が気になる方にオススメ。バッグもいろんなデザインが増えていますね。サイズも小さなものから比較的大きいものまで幅広くあります。

贈り物にオススメの和装小物

和装小物,選び方

着物を普段着として利用している方には、和装小物の贈り物は大変喜ばれます。とはいえ、和装小物といっても種類はさまざま。

 

そんな数ある和装小物の中から、『これを贈ると間違いない』というものベスト3は、『帯締め』『帯揚げ』『半衿』です。帯関連の小物は、いくら持っていても邪魔になりません。

 

最近はいろんなデザインのものがありますから、ぜひ贈り物に選んでみてください。帯締めは、小物の定番ともいえます。安いものであれば1,000円以下で買えますが、高価なものもあり価格に幅があるのが特徴です。

 

相手が好む色やデザインのものを贈ると喜んでもらえること間違いありません。また、帯締めは素材によってさまざまな魅せ方ができるのも特徴。

 

先にも述べたように安価なものもありますが、安いものは長さや組みにデメリットがあり、使いにくいものが多いので注意が必要です。せっかくの贈り物ですから、ある程度の値段のものを選びたいですね。

 

帯揚げもとにかく素材が豊富です。価格も幅広いので、デザインや素材など、しっかり吟味して選びましょう。帯締めと帯揚げはセットになったものが良いと思われがちですが、決してそんなことはありません。

 

もちろん全体のバランスに合ったものを選ぶ必要がありますが、個性的なデザインも喜ばれる可能性が高いでしょう。何枚持っていても重宝するので、ぜひプレゼントに選んでみてくださいね。

 

半衿もやはり色や素材が豊富にあり、価格もさまざま。オーソドックスなものは白色ですが、カジュアルなデザインもあり、着物を普段から着ている人にはやはりデザイン性が高いもののほうが喜ばれますね。オールマイティに使えるものもGOODです。